交換商品は、現在までに登録された商品を掲載しており、
随時追加しております。

交換商品を探す

本場下関直送!国産とらふぐちりセット<3~4人前>

  • 地域振興
  • 山口県
  • 下関市

商品コード:E6697-0003

7,000
PT

株式会社ふるさと産直村

商品詳細

■<寒い冬に心も体も温めてくれるふぐちり鍋>
寒い冬の定番と言えば、やはり鍋物です。そんな鍋料理の王様と呼ぶに相応しく、人気なのがふぐちりです。プリプリで弾力あるふぐの身は、ふっくらした食感とほのかな甘みで、食べた方の心まで温めてくれます。とらふぐの鍋は特に香りも良く、出汁もしっかり出ます。
ボリューム感たっぷりのふぐちりをお召し上がりになられた後は、是非ともふぐ雑炊をご堪能ください。とらふぐの旨味がたっぷり含まれたスープと卵だけで作ったふぐ雑炊…もしかするとこの雑炊のためにふぐちりを食べるのかもという錯覚に陥る程、至福と醍醐味を味わえます。
食通をも唸らせる人気の絶品とらふぐちりをご堪能いただけますと幸いです。

■<ふぐの本場、下関の南風泊より直送>
https://shimonoseki.travel/spot/detail.php?uid=336
河豚の取扱量日本一を誇る山口県下関市の南風泊(はえどまり)市場で、袋セリという独特の手法で競り落とされた虎河豚です。とらふぐの旬は「秋の彼岸から春の彼岸まで」と言われ、主に11~1月が最もおいしい時期ですが、近年は養殖技術や冷凍技術が進歩しており、年間通しておいしいふぐをお召し上がりいただけます。

■<市場からすぐ運び、すぐ捌き、急速冷凍、だから新鮮>
袋セリで有名な南風泊市場から数分程の場所に加工場があり、とらふぐの鮮度を保てる上、余計なコストを抑えています。更に、活きたままのとらふぐを仲卸から現金で大量買い付けして、水槽に直送。これが新鮮でお得なふぐちりをお届けする秘訣です。そして「少しでも捌いた直後の新鮮なままの状態で、ふぐちりをお客様のもとへお届けしたい」…この思いを最新の急速冷凍の技術が実現します。

■<ふぐの中で最高峰の"国産とらふぐ"のみ使用>
この道数十年の経験を重ねた熟練の職人が、直接セリに赴き、新鮮で品質の良い虎河豚を競り落としました。一口にふぐと言っても様々な種類のふぐがありますが、ふぐの中でも最高級に位置する国産とらふぐのみを使用しております。また中国産ふぐは一切使用せず、安心の国内産とらふぐのみで作り上げました。https://www.shunpanro.com/fugu/variety.html

#フグ鍋#人気#グルメ#おすすめ#てっちり#テッチリ

注意事項

【お召し上がり人数の目安】
■一般的なご家族を想定しております。
■例えば3~4人前の場合、男性1名、女性1名、小学生程度のお子様1~2名で設定しております。大人の男性3~4名でお召し上がりになられる際は、少し物足りない場合もございますので、こちらもご考慮の上、ご検討ください。

【交換及び返品規約】
■当店商品は食料品のため、お客様のご都合による返品は受け付けておりません。
■商品をお受け取り後、直ちにご確認いただき、万一商品に不備がございましたら、あらかじめ当店までご連絡をいただいた上で、お受け取りになられた翌日までに着払いでご返送ください。
■代替品での対応とさせていただきます。
※なお、すべてお召し上がりになられた後でのご連絡の場合は、交換出来かねますので、ご了承ください。

内容量

とらふぐちり400g(むき身ぶつ切り200g・あら200g)/ふくポン酢12g×4個/もみじおろし3g×4個

アレルギー表示

【特定原材料(7品目)】:小麦 【特定原材料に準ずるもの(20品目)】:大豆・オレンジ

消費期限

冷凍30日間

保存方法

冷凍

都道府県

山口県

市区町村

下関市

配送方法

冷凍

商品URL

商品ページ(外部サイトへリンクします)

申込み受付開始日

2021年06月01日

申込み受付終了日

2022年01月15日

在庫数

在庫あり

該当する要件(地域振興)

その他、特産物・名産物として一般に認知されている

適合理由(地域振興)

下関市の公式HPで紹介されています。 http://www.city.shimonoseki.lg.jp/www/contents/1456271773270/index.html 山口県下関市は、1888年に日本で唯一ふぐの食用が解禁されたため、多くのふぐが集まるようになりました。現在では下関市にある南風泊市場では、天然とらふぐ流通の80%以上を取り扱っております。 このような影響で下関には古くからふぐの産地としても確立されてきたため、ふぐ料理屋も多く、ふぐ毒の処理を行う業者も充実してきました。そのため、ふぐの処理場も多く存在し、下関はふぐの集積場としての役割を強めていき、更に海路も、瀬戸内海や日本海と接していて海運の盛んな地ということもあり、下関はふぐの流通拠点として全国のふぐが集められるようになりました。 その山口県下関市の南風泊市場で競り落とされたとらふぐを、南風泊団地の下関ふく連盟に加盟している工場で製造加工した、とらふぐちりセットです。